20070903 ちょっとでも暇があれば飛ばしましょ(^^)



Top
 記事のアップが09/06と前後しちゃいました(^^;
 理由はこの日の参加者が管理人と坊様だけであり、しかも所要時間がほんのわずかだったから09/06の記事を優先したんですよ(笑)

 と、いうわけで09/03もご覧下さいませ(^^;
 坊様、飛行場に到着するなり、園芸バサミで草刈を始めました(^^;
 なんじゃらほい?
 イキナリなんだ?

 というわけで坊様に理由を聞いてみると、坊様着陸の確率が高い滑走路脇の雑草部分を、せっかく草刈してセイフティーゾーンを作った (セイダカアワダチソウを短くした。滑走路との境界線が欲しいので、あえて短く残した) にもかかわらず、やっぱり滑走路脇に着陸してしまったときに、こんどはセイダカアワダチソウの刈り残し部分が凶器となって機体に刺さるから、自分が接地する可能性の高い部分の固い棒(セイダカアワダチソウの刈り残し部分)を地面スレスレまでシッカリ刈り込むんだそうです(笑)
 こういうところがウチのメンバーの笑えるところですな(^^;
 自分に都合よく環境を改善してしまえ!って(笑)
← さてさて(^^;
  環境改善を終了した坊様。
  スカイホークが発進です(笑)
←↑↓順調に飛んでおります(^^)
← おや?(^^;

 坊様、そのプロポの持ち方。。。
 もしかしてノーコン気味ですか?(笑)

 ラジコン送信機が使うホイップアンテナはアンテナの伸びる方向への電波発射がゼロに近いためにノーコン気味のときはアンテナの向きを機体の方向からあえて外すってのは車だろうが飛行機だろうが船だろうが共通の技ですけど、なんかオカマっぽいぞ。それ(大笑)
マメ知識(笑):
知ってる人は知っている。。。ホイップアンテナの電界強度分布はアンテナが伸びる方向を中心軸としたドーナッツ状(ババロア状のほうが言いえて妙?)になります。

つまり。。。下図のような感じです。

 もと無線機の設計屋だった管理人には常識だけど、たぶん一般のラジコンフライヤーの大半が知らないんじゃないかと思って、老婆心ながら説明してみました(^^;

 けど、長くラジコンをやっていると、車だろうが空物だろうが経験則でアンテナを操作対象に向けるとノーコンになりやすいってのは体が覚えているモンですけどね(笑)


 興味を持った人は無線関係の工学書を読んでみよう(^^)
 仕事に関係ないのに、そんなもん読む人なんて居ない気がするけどさ(笑)
おや?
この後姿は。。。「わら」ですな(笑)

なんで定休日でもないのにコイツがココにいるかといえば、配達の途中でサボって見学にきてるからなんですねぇ(笑)

 ちゃんと仕事しろよ(爆笑)
← とか言ってるうちに坊様が着陸しようとしています(^^)

 しかし、やっぱり滑走路直前で姿勢を崩しました(笑)
 ちゃんとさっきセイダカアワダチソウを根こそぎしたところの上で。。。(爆笑)
 しかぁし。。。(笑)

 不思議なことに準備したところに落ちないのがマーフィーの法則??(^^;

 せっかく草刈したところを通り過ぎて、滑走路中央奥のセイダカアワダチソウの海に落ちちゃいました(笑)

 滑走路脇を整備したのもまったく無意味って結果ですな(大笑)
つづいてオイラ(^^;

草刈隊長様からいただいた課題をこなして練習しております。

しかし連続ループをやろうとすると、写真のように背面での水平が狂っていきます(^^;

 どうやら私の癖は、どんどん遠ざかる方向へ姿勢が崩れるようですね(笑)

  だって、左右どちらから進入してきても必ず遠ざかる方向へ狂って行きますから(^^;
 オイラのサンデーαは、ほぼ無音で飛びます(笑)

 それがイイコトなのかどうか分かりません(^^;

 だって、ときどき「トリムはどう調整しよう?」とか、考え事をしているうちに自分の機体の姿勢を見失っちゃいますから(笑)

 意外と飛行音って飛ばしてるときの感受性に貢献してるんだなぁと実感してしまいます(^^;(笑)
 安定して飛んでるように見えるでしょ?

 実際、安定度が前作よりはるかにアップしてるので、飛ばしてても精神的に余裕がありますね(^^)

 練習になるなぁ。。。この機体(笑)
 と、いうわけで今日の飛行会は終わりです(^^;

 今日も仕事終わりに飛行場へ飛んでいっての短い時間だったので、坊様&管理人は1回づつの飛行でした(笑)

 こういう飛ばし方(仕事が終わってからチョットでも飛ばせる)は夏場だけですから、夏は楽しいですよね〜〜〜(笑)

♪q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p♪ ルンルン♪