直線上に配置


Konan_Flying_Club Histry




湖南フライングクラブのなりたち(^^)


「わら」「管理人」「よっしー」の3人は中学の同級生。
「坊様」は私らの7歳上。「弾さん」は私らの1歳上。

むかし、むかし。。。(30年以上前)
あちこちのレース場でミンナは一緒にラジコンカーを楽しんでいたのでありました。。。





当時電動RCカーが大ブームのなか、3人+αで地元草レースに漏れなく参加していたら、
レース会場にはなぜか当時大学生の「坊様」が漏れなくセットになって付いておりました(笑)
当時、私ら3人+αのグループがライバル視していたグループに「弾さん」が居て、
あいつらにだけは絶対負けない。などと言っていたのが懐かしい(爆笑)

(田宮RCポルシェ934からの第1次ラジコンブーム:1979年頃ね)

「草刈隊長」は関西生まれだけどコッチの大学に入ったため、
我々の行き着け地元模型店に出入りするようになりました。

ちょいちょい私らとダベっているうちに一緒に遊ぶようになってしまいましたが、
その後、草刈隊長・親の出身がコッチだったこともあり、20年ほど前にコッチの原住民として
帰化してしまいました。(笑) 。。。そのくせ、今だに関西弁(^^;




そんな6人にも家庭が出来、それでもちょいちょい一緒に遊んでおりました、ある日のこと(^^)



「管理人」+「よっしー」がいっしょの現場で仕事をすることになりまして、その仕事中に。。。

管理人
「タイヨーっておもちゃメーカーから、RC飛行機のオモチャがでたの知っとるけ?」

よっしー
「えぇ!?知らん。ホントに飛ぶんか?おもちゃやろ?」
「けど、ホントに飛ぶんなら、やって見たい気もするな(笑)」

管理人
「だから気になるんやろ?5〜6千円の代物が、ちゃんと飛ぶのかが(笑)」


などとだべっておりましたが、その日の仕事が思いのほか早く終わったので、
晩御飯までの時間つぶしに2人は地元おもちゃ屋へ現物を見に行くことにしました。

現物をシゲシゲと箱の上から眺めまくる管理人に悪魔の使い「よっしー」が囁きます。

よっしー
「買えば?」
「まだ日も高いし、それ買って飛ばしてみりゃいいやんか」
「そーすりゃ、飛ぶか飛ばないかイッパツで分かる(笑)」

管理人
「てめぇ(^^;このやろ」
「まさか、また俺だけ出費させて実験しようってか?」

よっしー
「でも気になるんやろ( ̄ー ̄)ニヤ...」


くそぉ。。。コイツ、おいらの性格を知り尽くしている(^^;
子供のころから無駄かもしれない出費は全部オイラに担当させやがって(笑)



が、結局2人が店を出たときには。。。
「タイヨー零戦21型」と「単三電池」をシッカリ小脇に抱えた管理人と、
横でほくそえんでいる「よっしー」がソコには居りました(^^;



おもえば、この後すぐに飛ばしに行って、ちゃんと飛んだのがいけなかった(^^;
20年以上前、高翼トレーナー(サンデーα)で飛行機の地元大会に出たのを最後に
時間的・金銭的な理由で遠ざかっていた、あの「飛行機も楽しい」という気持ちが
ムクムクと復活しちゃったんだよ。タイヨー零戦のおかげで(笑)

その週末には、シッカリ臓物がくり抜かれ、昔F3Aを目指していた「草刈隊長」に
納屋をひっくり返させて空用プロポ(発売当時としては超高級品のJRアペコンって知ってます?)
を持ってこさせ(笑)。。。(注:持ってこさせるところがズーズーしいでしょ?(大笑))

あっというまに真っ当なRCメカを積んだタイヨー零戦が飛んじゃいました(笑)

最初の本格RCメカ搭載タイヨー零戦は3Chラダー機。
飛行重量:バッテリー込みで130g。。。
飛行時間:中スローばかりなら4分。
        全開ばかりなら1分半(^^;


今思えば、わずか三日でエライ手間の掛かる工作をやったよな(^^;
ノーマル重量に近づけるために、受信機のコネクターは超小型に交換するは、
サーボリードは丸ごと極細に交換するは、リンケージも何度もやり直すは(笑)

秤とにらめっこしながら部品を選定していった
あの情熱は。。。今出せと言ってもでるかどうか(笑)




このころ、私しか飛ぶものを持っていないというのに、
「わら」「よっしー」「草刈隊長」の誰かが週末のたびに
私のフライトに突き合わされ。。。たのが、クラブ名の由来となっている

某県某市の「湖の南側にある公園」だったのです(笑)

(分かる人には分かる。。。競○場のそば)




その後、私の零戦が飛ぶのを見ていただけの「わら」が
「よっしーウィルス」に感染した管理人の悪魔の囁きに踊らされて
HPIのミニフライヤーを買い、クラブ員4名。飛行可能2名という構成になりました。

さらに「草刈隊長」が怪しげな中国製ファンフライを購入し、
飛行可能が3名となり。。。けど、やはり性能は中国製でした(爆笑)


そしてある日の飲み会。。。酔った勢いで、
「よし!湖南フライング結成!!!」
「かんぱぁ〜い」
「ぎゃはははははは」

というノリで結成されたのが、我が
湖南フライングクラブ
だったのでした(^^;


しかし、この公園での平和な日々は、市の管理人のオジサンに
「この公園でラジコンはちょっと。。。(^^;」と注意されてしまったことにより
終わりを迎え、1年弱親しんだ公園を後にして私と「わら」は、休日のたびに
新飛行場を探すための「放浪の旅」をすることになったのです。(笑)

そして見つけたのが今の場所
♪q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p♪

2005年のゴールデンウィーク明けのことでした(笑)






ちょうどこのころ、「よっしーウィルス」に犯された管理人はさらに坊様にも
被害を拡大するべく、諫言を労して新飛行場へ坊様を連れ出し、
タイヨー零戦のノーマルを体験させ。。。坊様が落とすたびに

管理人
「ね?壊れないやろ?これベースにRC作ったらお金掛からんのよ(笑)」


と囁きつづけ。。。

その横では「わら」がミニフライヤーを墜落させまくるが、ほぼ無傷という
状況を坊様に目撃させ。。。




あーら不思議。。。

わずか数週間後には坊様Dashが
気持ちよく飛行場で太陽の光を浴びながら
飛んでおりましたとさ(笑)





そして月日は流れ。。。。

われわれと同じころから同じ飛行場でRC飛行機を飛ばしていたにもかかわらず、
時間帯の違いから、なかなか出会うことがなかったFSKペアとも仲良くなり(笑)
さらに。。。いつのまにかヘリ軍団も登場したり、という仲間が増えていく楽しい
過程の中で登場したのが「tette」さん(^^)

自作は好きだが、簡単なの事が信条というところが管理人と波長が合ったのか?
妙なところにこだわるというのが「わら」や「坊様」と波長が合ったのか?
一目逢ったその日から、恋の花咲く。。。出会いを「草刈隊長」としたのか?

キッカケは分かりませんが、我々と世代がいっしょと言うこともあって。。。
いつのまにやら我がクラブのメンバーになり、撮影班長をやってくれています(^^)


注:我がクラブだけじゃなくて、この人はアチコチに出没して撮影班長をやっているようですが。。。(爆笑)
この人は多国籍なんだよなぁ。。。はたして我がクラブ員といってもいいのか?
いいんだよな。たぶん(笑) オイラからドラケン1機持っていったし(爆笑)





さらに月日は流れ。。。管理人は腕の骨を折るという大怪我をしてしまいました(^^;
うわさを聞きつけた仲間たち(RCに限らず)が大勢連絡をくれます。
腕の骨が折れてるので電話に出にくいというコッチの事情も関係なしに。。。(爆笑)

恩知らず・罰当たりなことを言う管理人(笑)



そのなかに弾さんが居ました。
まぁ、弾さんは兄弟みたいなものなので一通り愚痴+近況を言った後で。。。
「ところで、RCの電動飛行機飛ばしてみる?」
と言ってみたところ、「飛ばしてみてもいいよ」という返事が(^^;
おーい。。。飛ばしてみてもいいよって。。。微妙になにかが。。。(笑)

とか言ってるうちに、管理人のサンデーαが小破する事件が起こって、これを弾さんが自力で直して飛ばすことになりました。
しかし、管理人が直せば半日も掛からないような損傷だったのですが、
なにせ、このひとはRCカーばかりをやってきた人。。。
カーボンやグラスファイバーや。。。硬い素材の板を扱わせれば工作力は管理人とそう変わらないのですが、
物がバルサと飛行機用外装フィルムもなると。。。(^^;

えぇい。。。修理に三日も掛かってしまったい(笑)

けど、無事修理された元管理人所有のサンデーαでRC飛行機デビューを果たし、
無事、我がクラブ員となったのでした(笑)

。。。が、おーい。。。デビュー以来。。。飲み会以外で顔を見ないぞぉ?(笑)





さらにさらに月日は流れ。。。(笑)  管理人は「予備自衛官」から「即応予備自衛官」に予備役を更新したのでありました。

予備自衛官は「一丁ことあらば駐屯地の留守番をしに召集される。」
即応予備自衛官は「一丁ことあらば召集されて現職自衛官と同じ行動を取る。」
という違いがあって、年間の召集訓練日数も大幅に違います(^^;

そして、やりがいの大きい即応予備自衛官に転進した管理人が配属先の部隊で見たものは。。。
現職時代に本当にお世話になった私より4年先輩で初見から偉そうだった。。。
しかし仕事で衝突するとタメ口でカチ文句を山ほど言った「お海さん」だったのでした(^^;

「あんた、居たのね。。。」(笑)
「おぉ!居ったわい」(笑)

それ以前から一緒に仕事をすることも度々あったので、久しぶりに顔を見たわけではなかったんですけど、
腐れ縁を痛感しました(;-;)

そんなこんなで、一緒に召集訓練をこなすうち、「ラジコン飛行機、飛ばしてみる?」
と、わたしが聞いてみたところ。。。

いっしょにラジコンヘリで空撮をすると言う仕事を年間何回も管理人と一緒にしていた「お海さん」は
二つ返事で「いいよ。飛ばしてみる。」と言って、わが飛行場へ来たのでありました。

で、さんざん管理人の機体を飛ばして遊んだ挙句、お海さんが自分で持ってきたオモチャのヘリを飛ばし、
「まともに飛ばん」と文句をいいつつ帰ってしまったのでありました(^^;

中国製の2000円で買えたRCヘリなんぞ、まともに飛ぶわけ無いだろうが!!(笑)
と、思いつつも「お疲れ様ぁ」と管理人は「お海さん」を送り出し、それ以後は飛行場へこないくせに
ラジコン関係の情報をせっせと仕入れているらしい「お海さん」なのでありました(笑)

こりずに、また飛ばしにきてね(^^; お海さん(笑)






メール アイコン
メール


直線上に配置